エステサロン用化粧品 フィトテラピー(植物)による40代、50代以上のためのアンチエイジング化粧品「ファセラ」

使用方法

お問合せTEL 03-6674-2536

使用方法

シワ・タルミ・シミなどのエイジングケアが専門の「ファセラ」でありますが、現在のあなたのお肌の状態、今までのお手入れ方法、今まで使用していた化粧品アイテムやメーカーなどによって、2ステップによるホームケアが必要となります。

1ステップ…乾燥したお肌に、表面だけでなく深部から潤いを補給するステップ(インナードライのお肌に、お肌の奥から徹底的に潤いを与えていく。)

2ステップ…お肌が深部から潤ったら、次のエイジングケアのステップに進めます。

※このステップをふまずに、乾燥されているお肌の方がいきなりエイジングケアステップをしても、効果はあまり期待できず、かえってお肌に負担がかかってしまうことが多いですので、必ずステップをふんでくださいね。
2ステップの方法は、下の説明をご覧ください。

ファセラの2ステップ・エイジングケア

ファセラを初めて使用するお客様に、最近よく見られるお肌が、インナードライスキン(お肌の深部が乾燥している肌)です。

そのようなお肌の方にお話をうかがうと、
「仕事がハードで、身体の疲労や精神的ストレスを感じる。」
「忙しくて時間がないのでオールインワン・ジェルやゲル系化粧品などでシンプルなお手入れをしている。」
ことが多いようです。

みなさんインナードライ化がかなり進んでおります。

原因としては次のようなことが考えられます。

〇体が疲れすぎていた入り、精神的なストレスが蓄積されたため、自分の力でお肌に必要な潤い成分をつくれなくなっていること。

〇お家でのお肌のお手入れが、角質層の上に膜をつくってお肌の水分蒸発を防ぐことだけに重点がおかれているため、表面だけしっとりしているのですが、深部がすかすかに乾燥してしまっていること。

このようなインナードライ化が進んだお肌の人が、ファセラに切り替え始めますと、以下のような反応が多く出るようです。

□クレンジングがしみる。
□あっというまにクレンジングがお肌に吸い込まれてしまい、お肌の汚れが落ちにくい。 
□化粧水がピリピリする。しみる。刺激を感じる。
□化粧水を使用したら、ぶつぶつが出てきた。
□カーミング・トリートメントをぬると、お肌の表面がパサパサする。粉っぽくなる。
□クリームを使用してもしっとりしない。

2ステップの方法

1ステップ
インナードライスキン(お肌の深部が乾燥している肌)を、表面だけでなく深部から保湿します。
ファセラの場合は、お肌全体に必要な水分と油分を深部まで送り届けます。 (角質層の上に、油分の膜をつくってお肌の水分蒸発を防ぐだけではありません。) 
 
そのため、お肌の深部が乾燥している人ほど、はじめは使用する化粧水やクリームの量が多くなります。
化粧品のお肌への入りが良いため(速いため)、お肌によってはしばらくの期間、表面がなかなか潤わない方もいらっしゃいますが、はじめのうちはたっぷり塗れば塗るほど、しっとり感を感じるまでの日数が短くなります。(2週間~1ヶ月位)

1ステップでの使用化粧品

①クレンジングミルク(ドゥー・デマキヤン)  はじめは、たっぷりの量を使用します。
②化粧水(ローション・ドゥース)  湿らせたコットンに少量を含ませて使用します。
③クリーム(カーミング・トリートメント)  はじめは、たっぷりの量を使用します。
※乾燥が特に進んでいるお肌の場合は、モイスチャライジング・マスクを、クリームの代わりとして使用したほうが、費用もあまりかかりません。

2ステップ
ファーストステップにより、お肌全体にうるおいがいきわたりましたら、エイジングケアのステップです。
シワ・タルミの場合は、お肌の深部のハリ・弾力をアップさせます。
センテラアジアティカ、ハベルレアロドペンシスなどの植物成分や酵母菌が、弱ってしまったお肌深部のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を元気にするのを助けます。
シミの場合は、お肌のターンオーバーを助けて、シミの元となっているメラニンをお肌から抜けていくのを助けます。
  
2ステップでの使用化粧品

①クレンジングミルク(ドゥー・デマキヤン)  適量を使用します。
②化粧水(ローション・ドゥース)   化粧水の量は、だんだん増やします。
③クリーム(アクティブ・ドゥース)  はじめは、少量(直径5mmパール位)を使用します。だんだん量を増やします。(直径7~10mmパール位)

※1.アクティブ・ドウースが使用できるお肌になりましたら、ニュートリション・コンプレックスを使用しても大丈夫です。
※2. シミが気になる方は、ビタミンC配合の美容液フェアネス・エッセンスをクリームの前に使用するとより効果的です。 

a:676 t:2 y:1  

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional